2009年01月07日

七草

今日は七草ですよね。

セリ、ナズナ、ゴギョウ(母子草)ハコベラ、ホトケノザ(田平子)、スズナ(かぶ)、スズシロ(大根)の7つの草ですよね。

『日本を楽しむ年中行事』(三越著、かんき出版)の「七草粥」に、「正月7日の朝には「7種」の若菜を、粥に炊き込んで、食べると万病を払い、長生きするといわれています」と書いてあります。

スーパーや、デパートの食料品売り場をのぞいてみると、この時期は多くの店で、七草のコーナーを設けていますよね。

POPで、七草や七草粥について上記のような説明をしているところもいくつかありました。

ハロウィンなどにくらべると、その割合は高かったかもしれないですね。

もしかすると、ずっと日本で暮らしていても、七草について知らない人が、年々増えているのでしょうかね。

そうしたなかで以前、インスタントやレトルトの商品のみを七草コーナーに置いている店を見かけたことがあります。

忙しい人たちや、ひとり暮らしの人などを、思ってのことなのでしょうかね。

理由はどうであれ、さすがに、これは味気ないですよね。


七草関連商品








ラベル:七草粥 七種
posted by でぶちゃん at 17:01| 生活・日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright @ 2009 みなさぶろう トップに戻る all right reserved.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。